Bank Band with Great Artists
スキマスイッチ

スキマスイッチ

「暑いね! 倒れないようにね!こんなに暑いとは思ってなかったんだ(笑)」と櫻井も笑ってしまうほど気温は上昇(とにかく蒸し暑い!汗)。
そんなみちのくに爽やかな風を届けてくれたのは、2組目のGreat Artist = スキマスイッチだ。
登場するなり常田真太郎のピアノが奏でたのは、いきなりの代表曲「全力少年」!
大橋卓弥は勢いよくステージをダッシュし、「いくよ!」と呼びかけて大合唱を引き起こす。
「♪セカイを開くのは“仙台”だ!」と、当意即妙なアレンジでもフィールドを沸かせ、この上ないスタートダッシュを決めてみせる。

曲間で「(ap bank fesには)毎年お世話になっているので、もう“準レギュラー”と言っていいと思います」と常田が語っていたとおり(「自分で言うことじゃないでしょ!」と櫻井に突っこまれてましたが・笑)、Bank Bandとのコンビネーションもばっちりな2人。
もちろん、このap bank fesのステージでは恒例となっているMr.Childrenのカバーも披露!
「みなさんもそうだと思いますけど、学生時代からずっと聴いてきましたし、ファン代表としてここに立ってます」と大橋がミスチルへの想いを語って、「タイトル、言わないほうがいいか?」(大橋)、「言わないでやるのもいいよねぇ」(常田)との公開打ち合わせには、「そういうの事前に考えとけよ!リラックスし過ぎなんだよ!(笑)」と再び櫻井がツッコミ!(笑)
ほっこりするようなムードのなか、大橋&櫻井の豪華なツイン・ボーカル・スタイルで「いつでも微笑みを」を披露すれば、心弾むようなハピネスがフィールドに広がり(ファン代表・大橋がいちばん嬉しそう!)、最後は新曲「ユリーカ」を、時に優しく語りかけるように、時に泣き叫ぶような激しさで熱演。
去り際の「水分だけ取ると身体の中の塩分が抜けちゃうそうなんで、酸っぱいものも一緒に取ってくださいね」(大橋)とのワンポイント・アドバイス含め、想いを込めた全力のステージをありがとう!

M1.全力少年
M2.奏
M3.いつでも微笑みを
M4.ユリーカ

(奥村明裕)