Band Act
Mr.Children

Mr.Children

少し日差しも陰り、やわらかな空気の流れる午後5時40分。
ボーカル・桜井和寿、ギター・田原健一、ベース・中川敬輔、ドラムス・鈴木英哉が、Mr.Childrenとして、つま恋3度目のステージに登ると、フィールドは大喝采で4人を迎える。
そして、小林武史のキーボードがあの可憐なイントロを奏でるや、さらに大きな歓声が!
「Tomorrow never knows」――誰もが知る大名曲からの幕開けにオーディエンスはがぜん熱を高め、「オーォ!」と場内一丸のビッグ・コーラスも。
続けて、桜井がアコースティック・ギターを抱えて「HANABI」へ。
<♪もう一回、もう一回>という印象的なラインにそれぞれの想いを重ねて、再びフィールドから盛大なコーラスが沸き上がり、早くも一体感は最高潮だ。

序盤、特に大きな盛り上がりを見せたのは、「このつま恋で発表したかったんです!マシュマロのように甘くてポップなナンバー!」と桜井が紹介した新曲「Mashmallow day」!
先の言葉どおり、スウィートでポップな躍動感に満ちたサウンドは瞬く間にオーディエンスを巻き込んで、沸き立つような高揚感を生み出してみせた。

中盤に差し掛かる頃、ひと息ついた桜井が「予定では、今、6時10分のはずなんだけど……」と語り、ふと時計を見るとジャスト6時10分!
「このMCを6時10分に予定してて。その頃には太陽が傾いて、涼しい風が吹いて、そして夕陽が見えるという、そういうイメージ……ほぼ、近いね! いいイメージは現実を超えていけることがあるんだ。ここで楽しんだこと、払ってくれたお金が、自分以外の誰かの役に立っていることをイメージして聴いてください――」と、桜井がアコースティック・ギターを爪弾いて奏でたのは「Drawing」。
3日間のステージですっかり日焼けしてしまった桜井だが、その歌声はますます伸びやかに力強く観る者に迫り、突き動かす。
百も承知ながら、本当にすごいボーカリストだ。

まさにすべての瞬間がベスト・モーメントといえる名シーンが続き、終盤は田原と中川もそれぞれステージ両翼に歩み出て「エソラ」で再び熱狂の果てへ(「Rock me baby!」と誰もが声を限りにシャウト!)。
まだまだ飽きたらない桜井は「もう一曲やらせて!」と懇願、望むところとばかりに観客も気勢を上げ、「夏にはぴったりのあの曲をお届けします!」と万感の「シーソーゲーム」で一人残らず絶頂へ!!
文字どおり全身全霊のアクトで3日間を締めくくったMr.Childrenだった。

ここで生まれた熱狂と想いは、きっとこの次の淡路島、そしてみちのくへと続いていくはず。
さぁ、繋げよう!

M1.Tomorrow never knows
M2.HANABI
M3.擬態
M4.Marshmallow day
M5.声
M6.Drawing
M7.hypnosis
M8.Image
M9.エソラ
M10.シーソーゲーム ~勇敢な恋の歌~

(奥村明裕)