Bank Band with Great Artists
ナオト・インティライミ

ナオト・インティライミ

「この熱いつま恋をさらに熱くします!」という櫻井和寿の紹介によって登場したナオト・インティライミ。
ステージに走り込んできた瞬間、祝祭のムードが大きく広がり、会場中の熱気が一気に上がっていく。
気分をしっかりと上げてくれるバンドサウンド、観客のひとりひとりに“会いたかった!”という想いを伝えるボーカルも強く心に響く。
「去年は初めてのメインステージ、この時点で完全に泣いてました。ナオト・インティライミを育ててくれたつま恋は、俺にとってのサンクチュアリ(神聖な場所)です」という挨拶の後は、ドラマ「主に泣いてます」の主題歌に起用された新曲「ナイテタッテ」。
ラテン・テイストを色濃く反映させたリズム、そして、“泣いてたって笑え!”というポジティブなメッセージが思い切り放たれ、オーディエンスのテンションは早くも頂点に。
ナオトがリードしながら行われた“リズムに合わせて90度ずつ回転する”という演出も楽しい。
さらに「カーニバる?」では、地元・静岡のキッズダンサー20人がステージに登場、元気いっぱいのパフォーマンスを見せる。
ナオトはタオルをグルグル回している観客に向かって水を大量に放出。“キャー!”という歓声が上がり、Bank Bandのメンバーも楽しそうな笑顔に。
2日目のスタートをガッチリ盛り上げたナオト・インティライミ、お祭り男の本領発揮!

M1.君に逢いたかった
M2.ナイテタッテ
M3.マワセ マワセ
M4.カーニバる?

(森朋之)