Bank Band with Great Artists
吉川晃司

吉川晃司

2日目最後のGreat Artistは吉川晃司。
ワイルドなイメージのダンスビートを引き連れながら、全身黒ずくめのファッションで登場した吉川は、瞬く間にすべてのオーディエンスを惹きつける。
「みなさん、ごきげんよう。今年の“場違い枠”、吉川です」というMCも貫禄たっぷり。
デビューから28年(!)に渡って音楽シーンの最前線で活躍し続ける男のオーラはやはり強烈だ。
バラードナンバー「あの夏を忘れない」も強く心に残った。
「何年か前、広島の子どもたちと“NO MORE 原爆”という趣旨の歌を作りました。そして3.11を迎え、“NO MORE 原発”という趣旨も重なりました」というMCに導かれたこの曲には、“過ちを繰り返してはいけない、平穏な暮らしを後世に手渡さなければいけない”という切実な想いがしっかり込められていた。
さらにデビュー曲「モニカ」も。
原曲よりもスピード感を増したアレンジによって、吉川のシャープ&アグレッシブなボーカルがさらに際立っている。
鍛えられた身体から繰り出される、しなやかなパフォーマンスも最高。
そして、最後はもちろん、シンバル・キック!(←身長より高い位置にセッティングされたシンバルを振り向きざまに蹴り上げる)
「みなさん、水分補給をお忘れなく。またいつの日か!」という言葉とともに吉川がステージを去った後、櫻井がひと言、「熱さとカッコ良さ、ユーモアも忘れない。見習いたいと思います」。
まったく同感です!

M1.Juicy Jungle
M2.BE MY BABY
M3.あの夏を忘れない
M4.1990
M5.モニカ

(森朋之)